男性ホルモンが発毛を抑制

男性ホルモンが多いと髪の毛にとっては良くないという研究結果があります。

医学的にはアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンの一環にテストステロゲンが存在しています。
これは髭や胸毛などの体毛の成長を促すのですが、毛髪に関しては成長や発毛を抑制する作用が明らかにされています。
良く言われる、毛深い人は禿げやすいという所以にもなっています。

実は女性にも男性ホルモンの分泌があり主には陰毛に関わるとされています。
その量は雄の20分の1程度となっている様です。

これら性ホルモンの作用から毛根にある毛母細胞で5αリダクターゼにより代謝されたジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変わります。
この時にDHTが毛根細胞の分裂抑制を行う為に、周毛期の髪に悪影響とされています。
成長しにくくなった毛根から栄養が行かず脱毛、薄毛の原因となっている様です。

対抗する成分としてフィナステリドは毛母細胞で5αリダクターゼの代謝を抑制する働きがあります。
事実上にDHTを抑えるとして医薬品の毛髪剤にも使用され、一時期ハゲの特効薬として話題となりました。
元々は、前立腺肥大の治療薬として、認可されていた医薬品 通販の商品としても有名になっているそうです。